2009年09月15日 (火) | Edit |


夜・・・寒い。














知らない間に季節は動いているようで、
夜風の冷たさにここ数日でやっと気づけました。


寒いと言ってもまだ「涼しい」ぐらいの感じでしょうか?

このぐらいが一番過ごしやすいような気がします^^





街は秋色に染まり出していますね♪


かぼちゃかぼちゃ、かぼちゃ、、、


いたる所でかぼちゃが目につきます・・・w





そんな中、
昨日帰宅してみると美味しそうなケーキが御出迎えしてくれました☆


見た目は・・・モンブラン(っぽい)


知っている人は知ってると思いますが
「モンブラン」は山の名前なんですよ~^-^))/
場所はフランスとイタリアの国境だったかなー?(←記憶が曖昧…。
とにかく大きな山なのです!
富士山よりもっと大きいのです!? (←これも曖昧。



んまーどうでもいい話はこれぐらいで♪戻りましょう









ケーキを一口、ほおばる。










もぐもぐ・・・・・・・・・もぐもぐ・・・





スポンジ生地が

まるで溶けるように

口全体に流れ込み





そこへ濃厚なクリーム

さらに上品な味わいが舌の上で踊る








このテイスト



この甘い香りは・・・






そう、

秋の代名詞 『栗』


小さく角切りにされたそれを噛む度

“秋”そのものが口から体中を駆け抜ける






まさにそんな一時だった。




おいしかった~
そう栗の甘さに浸っているところ、母がケーキの空き箱を持ってきた




























「 かぼちゃモンブラン 」




































うん。

あのテイスト、香りはカボチャだった








そう自分に言い聞かせた。














...((´ _ `|||))...



































―― カボチャに魔法をかけると馬車になった。




誰もが知るこの一節。

 (ぃゃ…知らない人だっているか )



夜中12時の鐘の音までの魔法



ガラスの靴















そう、 “シンデレラ”である。












突然ですが


















あなたはシンデレラの話を信じますか?














 「魔法とか信じてるの??(`∀´*)ケラケラ」




              「そんな話あるわけないじゃーん(・3・ )/」














      あるのです。  














いや…


もはや

京都さかえ畳店は魔法にかけられてしまったのだ。










次回  『 PM4:00までのシンデレラ 』

 
                                 to be continued...




スポンサーサイト